最低限のshell環境を作る

Linuxやmacはデフォルトのshellの設定でもなかなか使いやすいのですが、ミスを減らしたり、作業効率を上げるために最低限覚えておくと良い設定をお伝えします。 ## 最低限やっておきたい設定 フィヨルドブートキャンプのメンターとして提出物をレビューしている中でshell環境が整っていないために起こっているよくある問題として下記があります。 - 自分がどのディレクトリにいるのかわかっていないので間違ったディレクトリで作業してしまう。 - 自分がどのgitのブランチにいるのかわかってないので間違ったブランチで作業してしまう。 それを防ぐためにshellのpromptに**今いるディレクトリの表示**と**今いるブランチの表示**はしておきたいです。 ## おすすめ設定 shellの設定はさまざまなテクニックやフレームワークが乱立しているのでちゃんと動く環境を保つのも一苦労ですが、pureというフレームワークがシンプルかつ最低限の機能があるのでおすすめです。 [sindresorhus/pure: Pretty, minimal and fast ZSH prompt](https://github.com/sindresorhus/pure) ![pure](https://github.com/sindresorhus/pure/raw/main/screenshot.png) インストールはREADMEに書いてあるままで、Macかhomebrewで一発で入ります。(Linux環境ではnpmではなくて、gitでcloneする方法がおすすめ) mac環境とWindows+WSL2のUbuntuとDebianで試しましたがちゃんと動いています。 ## あると便利な設定 長いコマンドに別名を設定する**エイリアス機能**は知っておきたい機能です。 書式は簡単で、`alias エイリアス名='実際に動くコマンド'`のように書けばOKです。(zshの場合であれば`~/.zshrc`に書きます)例えば僕は下記のようなエイリアスを使っています。 ```sh alias la='ls -la' alias lt='ls -lrt' alias g='git' ``` 見たまんまですが、`la`とタイプすると`ls -la`を実行するのと同じになります。同じく`git`は`g`とタイプするだけになります。 特に`git`は1日に何回もタイプするので`g`に割り当ててる人は多いと思います。
©Fjord Inc.2022